読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極秘の日記

妻の浮気、不倫、性生活などを本音で書いていきます

実姉との一夜

こんばんは。

 

ある晩、父母が不在だったので、

小学6年生の姉

小学5年生の僕、

6歳年下の弟(幼稚園児)

の3人はお布団の上に川の字に並び深夜番組を見ながら夜更かししておりました。

 

テレビ番組は11PMだったと思います。

 

姉とエロい!エロい!キャーキャー!騒ぎながら深夜番組を見て盛り上がっておりました。

 

が、ある程度番組が落ち着いてきた頃、僕は姉のオッパイやオマ〇コに手を伸ばしてみました。

パジャマの上から膨らみかけた姉のオッパイをモミモミ、、、

姉のオマ〇コもさすさす、、

とにかく興味本位で触っていました。

 

姉も諦めたのか、「そんなに触りたいのなら好きに触りな!」と言ってくれたので、オッパイモミモミ、乳首を引っ張ったり、オマンコいじったり。

色々とイタズラ?的に触りまくっていたと思います。

 

その時、姉のオマ〇コが濡れていたのです。

今ならその意味はわかりますが、あの当時はなぜ濡れているのか全くわからなかったので、「うぇー汚ねー!お姉ちゃんオシッコもらした!」汚ねー!ワーワー、、、

 

そこで姉の体を触るのは終了、

 

姉は体をふきに風呂場、トイレ?に向かいました、

 

僕は濡れた指をお布団に擦り付けていました。

 

あの時が実は意識して触った最初のオッパイ&オマンコだったのではないかと思っています。

 

姉のオッパイはまだまだ発達途中でやんわりとした膨らみのみてした。

オマンコも毛は生えておらず、でもちょっとザラザラしていたのを覚えています。

きっと生えかけだったのでしょうね。

 

女は触っていると感じてきてオマンコが濡れる、その知識さえあればそこて終了とはならなかったと思え、今考えるととてもおしい体験だったなぁ、、と。

 

その後優秀な姉は僕とはちょっと違う道に進みましたが、基本的にジャンルは同じなので時々業務的なお話はします。

 

サバサバした人なので、あの時のことを覚えているのかはわかりせんが、僕にとっては初めて女性の体をすき放題触れたわけですから、貴重な経験でしたし、忘れられない思い出ですし、相手が一つ年上の姉ですからね。

 

萌えるポイントがありすぎて、、

 

皆さんは姉や妹とエッチな体験をしたことはありませんか?

意外とさりげない程度のものはいっぱいありそうな気がするんですけど。。

 

 

そんなわけで、今回は僕が初めて意識して女性の体を触ったというお話でした。

その相手が実の姉だったというお話でした。

 

 

最後まで付き合ってくれてありがとうございました。

 

 

何かにつづく

 

 

 

弟はまだ幼稚園、熟睡していました。

 

小学5年生の僕からしたらかなり過激な内容でオッパイに釘付けになっておりました。

 

広告を非表示にする

昨夜の妻………②

こんばんは。

 

 

昨夜、20日の夜は妻とセックスする日でした。

 

 

ベッドには子供たちが寝ています。

ベッドの下にお布団を敷き、いつも僕はそこで寝ているのですが、僕がお風呂から出て2階に行くと、既に妻はいつも僕が寝ているお布団で横になっていました。

 

妻もスタンバイOKといったところでしょうか。

早朝のセックス(挿入ナシ)の効果でしょうか。

こんな事はとても珍しい事です。

 

子供たちが寝ている事を確認し、僕は妻の隣に横になり妻にキスをしました。

軽いキスです。

 

だんだん激しいキスに移行していきます。

 

が、そこで妻は「あっちの部屋に行こ」と別のベッドの部屋に行くことを提案してきました。

 

僕も子供たちがいない部屋の方が何でもできると思い快諾しました。

 

ベッドの部屋で僕はすぐ全裸になりました。

そして今回は最初から妻を全裸にしました。

 

妻に激しくキス。

妻はムグムグと声を漏らし激しいキスに応じてきます。

 

一通りキスを終え僕は妻の乳首を舐め、激しくむしゃぶりつきました。

舌で転がしたり軽く噛んだり、指で引っ張ったりクリクリとつまんだり。

乳首を色々といじっていると妻もだんだん甘い吐息に変わってきます。

 

乳首を責めながらオマ〇コに手を伸ばします。

僕の大好きなスジに沿って指をなぞらせ、時に腟内やクリトリスを刺激します。

妻はビクン、ビクンと反応し、同時に喘ぎ声を出します。

 

とても良い反応です。

 

乳首を舐めながらオマ〇コの中に指を入れます。

元カノには指2本が基本でしたが、妻は指1本が基本です。

左手の人差し指が妻の中深くに飲み込まれていきます。

 

もうグショグショに濡れていました。

 

これなら指2本入るな、、と思い2本目の指を入れてみました。

ちょっとキツかったものの僕の指2本を妻は飲み込みました。

 

妻の恥骨結合の辺りを指2本でかき混ぜます。

妻の声は大きくなっていきます。

 

このままシオ噴かせてやろう、と思い指で激しくオマ〇コの中をこねくり回します。

 

チャプチャプといやらしい音が部屋の中に響きます。

 

シオ、シオ、、と思い指を動かしていると妻は腰を引きいつものように「指でイクのイヤ」と言い出しました。

 

せっかくのシオ計画はそこで断念せざるを得ませんでした。

 

仕方なく今度はオマ〇コを味わうことにしました。

グショグショに濡れたオマ〇コ、

スジに沿わせ舌を上下に動かします。

一番敏感なクリトリスは舌先で弾きます。

妻の好きな舐め方です。

クリトリスを舌先でチロチロしていると妻は「お口でイクのもイヤ」と言い出しました。

 

今度は側臥位になり「今度は僕を感じさせてよ」と言い、妻に僕の乳首を舐めさせながら僕は妻のオマ〇コを指1本でかき混ぜます。

 

僕のアレは早朝セックスの時とは違いビンビンになっていました。

 

「しゃぶって…」

 

妻はたどたどしい感じでしゃぶり始めます。

まだまだのテクですが時々すごく気持ち良い時があり幸せを感じる瞬間でもあります。

 

妻の口からアレを抜き取り、正常位で一気に、でもジックリと挿入しました。

 

妻は「アーッ」と声をあげました。

激しく動かします。

妻は「オマ〇コ気持ちいい」を連呼しています。

 

妻の耳元で「今度はバックでしたい」と呟きました。

 

妻は僕が言ったようにスグにバックの姿勢になりました。

 

珍しく従順な妻です。

 

僕はバックから一気に貫きました。

妻は声を上げ貫かれた快感を声の大きさで表現します。

 

バックから激しく突きます。

妻も腰を動かし応戦してきます。

 

とても気持ち良かったです。

 

ちょっとイキそうになってきたところで、妻は正常位に戻ろうとしました。

 

僕も一度オマ〇コから抜きクールダウンです。

 

正常位で再び挿入。

 

ちょっとゆっくり目に動かしました。

それでもイキそうになってしまいます。

 

早く妻の手をクリトリスに、、と思いつつも妻に「クリトリス触りたいのならちゃんとお願いしないと…」と意地悪を言いました。

 

妻は「クリトリス触らせてください」と小声で言いました。

 

妻は早速クリトリスに手を伸ばし指でクリトリスをまさぐり始めました。

 

僕は妻を突くスピードを徐々に上げていきます。

 

まず妻が「オマ〇コ、オマ〇コ、、イク、イッちゃう…」といいビクンと跳ね果てました。

 

と同時に僕も「イクッ」と言うとオマ〇コからアレを抜き取り妻のお腹の上に射精しました。

 

とても気持ち良かったです。

 

妻もその後しばらく全裸のままボーっとしていました。

僕はお腹の精子を拭き取り妻にくっついてギュッと抱きしめました。

 

そして最後に優しいキス。

 

昨夜の妻はセックスに対してある程度積極的で嬉しかったです。

 

とても気持ち良かったです。

 

今度は30日。

 

また報告いたします。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

今夜の妻………①

こんばんは。

 

 

今夜は20日、妻とセックスする日です。

 

僕達夫婦は毎月10、20、30日はセックスしようと約束しています。

 

まぁ約束が守られない日もあるんですけどね…

 

でも今夜はセックスしました。

 

やっぱり妻も昨夜というか今朝のセックスでは物足りなかったようで、案外アッサリと同意してくれました。

 

眠いのでまた明日続きを書きますね。

 

おやすみなさい。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

広告を非表示にする

昨夜の妻………

こんばんは。

 

 

昨夜というか今日の早朝、妻に手を出してしまいました。

 

 

朝の4時頃、目が半分覚めた状態でなんとなく妻の乳首をさすってみました。

 

妻が甘い声を出し始めたのでオッパイを揉んでみました。

 

僕は無言です。

 

半分寝ぼけながらの行為だったので、僕はなんとなく無言でした。

 

妻は感じているのか甘い声がだんだん大きくなっていきました。

 

下着の上から妻のスジにそって優しくなぞり、クリクリとクリトリスを指で撫で回します。

 

だんだん湿ってきたのが分かったので下着の中に指を滑らせ直接撫で回します。

 

妻は喘ぎ声を出して腰を動かし始めました。

 

妻は「指でイクのイヤ、、」と言い僕に挿入を促します。

 

僕は妻の下着を脱がし、早速挿入、、

と思いきや、半勃ち状態、、

うまく入りません。

 

何度か入れようとしましたが、入りませんでした。。。

 

眠かったし入らなかったので、そのまま妻に覆いかぶさるように寝ようとしましたが、妻に「重い、、」と言われて横にどけられてしまいました。

 

そして僕は寝た振りをして入らなかったのは半分寝てたからだ、と誤魔化そうとしました。

 

その後、妻はトイレに向かいました。

 

、、、

 

でもなかなか出てきません。

 

耳を澄まして音を聞いていましたが、特に何も聞こえませんでした。

 

イキかけていたのに入れてもらえなかった妻は物足りなかったに違いありません。

 

妻は何をしていたのでしょうか。。

 

そして今夜は20日です。

妻とセックスできる日です。

 

昨夜というか今朝は中途半端に終わらせてしまったので、今夜は確実にイカせようと思っています。

 

僕もイキたいですしねw

 

また報告いたします。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

広告を非表示にする

最近の性生活

こんばんは。

 

最近ダメです。

勃っても持続しません。

 

20日のセックスの日まで我慢する事にしましょうか。

それとも今夜自慰にチャレンジしてみようか迷ってます。

 

自慰にチャレンジするのは勃起が持続するかどうかの実験的な意味も兼ねてますが、、

それだけのためだったら20日まで我慢してもいいのかなと思っています。

 

が、20日は妻が夜飲み会で遅くに帰宅するのでセックスできるかどうか…

 

またこちらで報告いたします。

 

今回はどんなセックスをしようか今から色々と考えておりますが、勃起するかどうか自信がありません。

 

疲れているのかわかりませんが、とにかく今夜は早めに休む事にします。

 

 

広告を非表示にする

昔のセフレ

こんばんは。

 

僕には昔、仲良しのお友達でもありセフレでもある女友達がおりました。

 

その子は性に対してとてもあっけらかんとしており、後で聞いた話では僕以外の人ともセックスしていたようです。

 

旦那に誘われれば嫌いじゃないから断らない。

僕とも会えば必ずラブホでカラオケ&セックス。

他の男友達ともセックスしていたようです。

 

 

その子のセックス、、

まずとにかくフェラ、しゃぶるのが好きでした。

が、、確かに上手ではありましたが、元彼女の方が数倍上手でした。。

 

そしてオッパイはやや大きめ、形はやや垂れ気味、でもけっこう好みのオッパイでした。

 

オマ○コの毛はチリチリの中毛、面積はやや広め、水泳の先生のアルバイトをしていたのに処理したことがないと言っておりました。

 

いつかパイパンにしてやろうと思っていましたが、旦那にバレると面倒だからと頑なに拒否されておりました。

 

その子はまずお風呂に入り身体を洗い流します。

一緒に入った事も数回ありました。

その後、2人ともガウン?だけを羽織中は全裸でした。

 

なぜかまず僕だけを脱がし、お気に入りのフェラから入ります。

けっこう長い時間しゃぶり続けてくれました。

気持ち良いのですがイクまではいかなさそうな、、

僕は反撃に移りセフレのオッパイ、オマ○コを責めます。

乳首を舐め吸い、むしゃぶりつき、、

おっぱいをもみしだき、軽く乳首を噛んだりもしました。

 

指でオマ○コをまさぐるといつでも濡れていました。

その濡れたオマ○コを舐めまくります。

指でかき混ぜ潮を噴かせた事も数回ありました。

 

僕のアレが小さくなりかけていると、必ずおしゃぶりで大きく戻してくれます。

 

基本正常位でプレイしておりましたが、たまにバック、女性上位もありました。

 

セフレのセックスはセフレが僕を責める時間が長かったです。

僕も責めるのですが、、いかんせん姉と弟のような付き合いだったため、セフレ主導で事が進みました。

 

セフレは女性上位が好きだったので、僕に跨り腰を降ってきます、

が、これもまぁまぁ気持ち良い止まり。

 

正常位に戻して僕は挿入。

 

だからセフレのオマ○コはなんというのでしょうか?

底が浅いというか、締まりが緩いというか、、入れていてもすごく気持ち良い訳ではありませんでした。

角度の問題かしら?とか色々と考えておりましたが、セフレを指やアレでイかせた後は僕はオナニーを見てもらいます。

セフレに先っちょを舐めてもらったりオッパイを舐めてもらったり、色々と協力してくれました、

 

僕がイキそうになると口に咥えて口の中に出させてくれました。

 

まぁその後ティッシュにベーってやって出してしまうんですけどね、、

ゴックンはありませんでした。

 

セックスに関してはセフレは喜んでいたようですけど、僕にはちょっと不満が残るセックスが多かったように思います。

 

そのセフレとは自然消滅してしまいましたが、未だに年賀状だけの付き合いは続いております。

 

今も何をしているのやら。

 

とりあえず旦那に不倫がバレないように気を付けてもらいたいと思います。

 

懐かしい思い出です。

 

 

他の話に続く

広告を非表示にする

昔の彼女

僕が学生時代付き合っていた彼女の話をします。

 

彼女の家は母子家庭で母親は夜も外出している事が多かったため、僕と彼女は半同棲のようになっていました。

 

あの当時は若かったので朝昼晩とセックスしたいくらいでした。

 

が、実際は夜または朝に一回、多くても夜&朝の二回ヤる程度でした。

 

 

ある日2人で山へドライブに出かけました。

元々車通りの少ない山道、その先の林道を抜けると富士山が見える丘の上の公園に着きます。

 

僕のお気に入りの場所でした。

 

見晴台で彼女と爽やかに富士山を見たり三島市駿河湾?を見渡したりしていました、、

 

が、そこでキス。

 

キスしたまま彼女の顔に似合わない巨乳を揉みしだきました。

 

「ココでしようか?」

 

彼女は「ココで?」と当たり前の反応。

 

「どうせ人も来ないし絶対大丈夫だからココでしようよ」

 

彼女にキスをしながら胸を揉みまくりました。

もちろん徐々に直接触るようにしました。

 

もう止められません。

 

見晴台の上で徐々に彼女を脱がしていき、ついに彼女は下着だけの姿に。。

 

ここまできたらあとは勢いだけです。

 

ブラを外し、下着を全部はぎ取りました。

彼女は「誰か来たらどうするの?」と不安からキョロキョロしています。

 

僕はお構い無しにキス、胸を揉みまくり、彼女のオマ〇コに手を伸ばします。

 

僕もズボンを下ろし、下着も脱ぎ、、

彼女に跪かせしゃぶらせます。

 

僕もドキドキしていました。

 

周りに人がいない&車の音も聞こえない事を確認し、彼女を立たせたまま後ろを向かせ、立ちバックで挿入。

 

彼女の声が公園内に響きます。

バックの姿勢に耐えられないのか、彼女は手すりに捕まり必死に立ちバックの姿勢を崩さないよう頑張っていました。

 

が、彼女はビクンとなり、膝がカクカクしてきました。

僕は彼女が果てたのかと思い、彼女のお尻に発射しました。

 

その後、僕は服装を整えると彼女の下着&服を持って見晴台から降り、芝生広場を走り回りましたw

 

彼女は全裸で追いかけてきますw

 

とてもシュールな光景でした。

 

彼女は当時まだ19歳くらいだったと思います。

 

19歳の巨乳の女が全裸で公演を走り回る姿、、

 

とても萌えました。

 

その後車に戻り彼女は服装を整え、林道の横に車を止めてキス。

 

「またしたくなっちゃった」と告げると、彼女は口でしてくれました。

 

まだたどたどしい、でも一生懸命しゃぶってくれます。

 

その健気なフェラがとても愛おしく思いました。

 

あの時が本格的な野外セックスの始まりだったと思います。

 

開放的でとても気持ち良い、誰か来るのではないか?というスリル。

 

これは今の自慰にも繋がっていると思っています。

 

あの時の彼女は僕の現在の妻に略奪愛で略奪され、彼女は泣きながら僕と別れました。

 

僕は略奪された男です…

 

あの時見た景色、あの時のスリル、全裸で追いかけっこした楽しい思い出、、

 

色々な思い出がありますが、

やっぱりなんといっても見晴台とう高台で全裸でセックスをし、さらに全裸で追いかけっこをし、帰りの車の中でお掃除フェラをしてもらった記憶は鮮明に覚えています。

 

懐かしい思い出です、

 

 

 

アメーバだと削除されると思いますので、こちらに書いておきました。

 

アメーバにも宣伝だけはしてくるつもりです。

 

 

これからもこの「極秘のブログ」をよろくね。

 

 

ほかの話につづく

 

 

 

広告を非表示にする