極秘の日記

妻の浮気、不倫、性生活などを本音で書いていきます

妻の浮気 ④

こんにちは。


七年程前、妻が職場の男と浮気していました。

僕はショックから鬱病になりました。

妻の浮気について相談していた元同級生の女性。

その女性と会うことになりました。

そして彼女とは大人の関係に…

僕は不倫にハマっていきました。

 

妻の浮気の内容は大体聞き出すことができました。


最初は図書館の駐車場で待ち合わせをし、フラワー公園へ行き普通にデート。

2回目のデート時も同じく図書館の駐車場で待ち合わせをし、海の見える公園へ向かったそうです。
が、その日は雨だったようで途方に暮れていると、彼は車の中で妻にいきなりキスしてきたんだそうです。

そして彼の車はホテルへ向かいました。

「私、そんなに軽い女じゃないからね」

妻はそう言ったのだそうですが、結果2人はホテルに到着。

妻はホテルに到着した後も「絶対ヤらない」「絶対ヤっちゃいけない」と心に誓っていたのだそうです。

が、再び彼にキスされ「もうどうにでもなれ」と思ってしまったのだそうです。

彼が先にシャワーを浴び、自然な流れで妻もシャワー浴び、2人でベッドに転がり野球番組を見ていたんだそうです。

最初は何もなく普通にテレビ鑑賞していた2人ですが、そのうち彼からキス、それを受け入れる妻。

その先は当たり前のようにセック〇です。


セック〇の内容はこうでした。

まず彼からネットリとキスをされ、
胸を揉まれ、
脱がされ、
B地区を舐められ、吸われ、、
指で大事な所をいじられ、こねくりまわされ、、
大きくなった彼自身を受け入れたんだそうです。

妻から彼自身をしゃぶる事は一切していなかったと言い張っています。
ゴムも付けさせていたし、中に出されたことも1度もなかったと言い張っています。

それを信じるか信じないかは別として、
僕は「しゃぶる」はあっただろ、「中出し」はさすがに無かったかもだな、と考えていますが、妻が頑なに否定してくるので聞き流しています。


どうやら妻が言うにはいわゆる普通のセック〇をしていたようです。


バックからもしなかった。
正常位ばかりだった。
騎乗位もするわけがない。。


「私は基本的には彼としたくて会っていたわけではないから!それが目的ではなかったから!」


会って即ホテルへ行っていた妻の言う言葉に説得力はありませんが、こちらとしてはそれ以上聞き出せませんでした。


妻の浮気の最大の目的

それは現実逃避だったんだそうです。


朝早く起き朝食を作り、長男が保育園に行くための準備をし、保育園に送りに行き、そして仕事へ。
仕事が終われば即保育園に長男を迎えに行き、帰ってきたら晩御飯の支度。
食べ終われば洗い物、お洗濯、長男のお風呂、長男を寝かせ付け、自分も寝てしまう。

そんな毎日に嫌気がさしていた。

そこへ優しい言葉をかけ理解してくれる男性が現れ、気晴らしデートする事になった、、
その延長でホテルへ行く事になった。

との事でした。

当時僕は家事育児を手伝うことは希で、ハマっていたサッカーゲームばかりしていました。

妻の忙しさ大変さなど知らず気付かずサッカーゲームにハマる毎日。

そりゃ妻もイヤになったかと思います、、
が、
だからと言って浮気していいわけではありません。

少なくとも僕はそう思っています。
もっと夫婦で話し合うべきだったと今は思っています。

サッカーゲームにハマり、眠っている妻の隣で僕が寝るのは深夜。
妻との営みも減り、それが普通の毎日になっていたのです。


浮気されないような男になろうと思った原点はそこにありました。

ゲームを断ち、ウォーキングを始め、料理、洗濯、洗い物、長男をお風呂へ入れ、毎晩妻との営みは欠かさず、彼とのセック〇話も欠かさず。
他人棒の味を聞き出したかったのです。
尋問は続けました。

でも、、

これなら浮気する気も無くなるだろ?
どうだ??

と言わんばかりに頑張りました。

 


つづく