極秘の日記

妻の浮気、不倫、性生活などを本音で書いていきます

先日の妻

こんばんは。

 

少し風邪気味&多忙だったため間が空きました。

 

見に来てくれている方々に感謝します。

 

 

さて先日(30日)の夜の詳細をお知らせします。

 

先日、妻と夜の営みをいたしました。

 

まず軽くキス。

風邪気味だったので軽めのキスを数回しただけにしました。

 

その後妻の乳首を甘噛みし、引っ張り離す、、

そして乳首を舌で転がし吸って舐める。

その繰り返しです。

 

もう片方のオッパイを手で揉みしだきます。

 

 

妻は少し甘い声を出し始めました。

 

反対側の乳首も同じように責めます。

 

と同時に妻の濡れ具合を確認するため、手を妻のオマンコに伸ばします。

 

指で割れ目に沿ってなぞってみます。

 

少し濡れていました。

 

指を一本入れて出し入れしました。

 

妻の声は大きくなってきました。

 

もっと濡らすため僕はオマンコを舐める事にしました。

 

妻の甘い香り、、

堪能し舌でクリトリスを弾きます。

 

妻の好きな責めです。

 

舌で数回クリトリスを弾き、スジに沿って舌を這わせ、またクリトリスを弾く。

妻のオマンコは完全に濡れています。

 

いつでも挿入可能な状態でしたが、舌での責めを長めにして焦らします。

 

妻は僕の頭を両手で持ち、クリトリスに舌が当たるよう固定してきました。

 

もっと舐めての合図です。

 

焦らしていたつもりが舌での責めを求められ、ちょっと計算外でしたが、それはそれで嬉しかったので舐めまくりました。

 

妻は耐えきれず腰を浮かせ、

お口でイクのイヤ、、

といつものセリフ。

 

僕は欲しいの?と意地悪く聞いてみました。

 

妻は珍しく、ちょうだい、、ちょうだい、と言ってきました、

 

ならばと思い一気に妻のオマンコを貫きました。

 

こう?こうして欲しかったの?

うん、うん、、

 

妻のオマンコを激しく突いていると僕はすぐにイキそうになってしまいました。

 

慌てて妻の手をクリトリスに導きます。

 

妻も指でクリトリスをまさぐり、、

 

僕がイキそうになると「オマンコイっちゃう〜」という言葉と同時に果てました。

 

僕もスグに「イ、イク」とお腹に出し果てました。

 

とても気持ちよいセックスができました、、

が、フェラしてもらうのをまたもや忘れていた事に気付き、お掃除フェラして、とお願いしてみましたが、妻はいそいそと服を着て、もうオシマイと言い残し子供たちのベッドに戻っていってしまいました。

 

僕はいつも思うのですが、お互いにイった後の余韻をもう少し長く楽しみたいのですが、、

子供が小さいのでなるべく早目に戻ろうとする妻の気持ちもわからなくないので諦め気味です。

 

たまにはラブホに行って思いっ切り声を出し、余韻を楽しめるようなセックスをしたいなと思いました。

 

 

今回のセックスはこんな感じでした。

 

 

最近また元カノの事を思い出し悶々としていたので、妻とのセックスで少し気持ちがリセットできました。

 

まぁ今はまた悶々としているのですがね。

 

 

前に他のブログで見た「彼は私に好きと言ってくれるけど、きっと彼は私とのセックスが好きなだけなんだろうな」という言葉が頭に残っています。

 

僕もそうだったのかな、、

でも僕は元カノの事が本当に好きで離婚&再婚も考えておりましたし、必ずしも皆が皆そうだとは思いませんが、不倫である以上、セックスの相性も大事なのかなと思いました。

 

いずれにしても、元カノとのセックスは大好きでしたが、決してそれだけではなかったと思っています。

 

本当の所は僕にもわかりませんが。。。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

また他の話に続きます。